東本願寺の春はちょっとしたお花見も、京都駅から歩いていける名所

東本願寺の渉成園では色鮮やかな紅葉が楽しめる

JR京都駅からさほど遠くない場所、東本願寺がございます。桜の季節になりますと、飛地境内地であります渉成園にて桜の花が見られることでしょう。ちょっとしたお花見ができます。ちなみに飛地境内地とは別邸という意味で、こちらは徳川家光公が建てられたものです。また渉成園では紅葉の季節も色鮮やかな朱色を堪能できます。

東本願寺は京都駅から歩いても7分で到着

東本願寺へのアクセスですが、主に地下鉄、市バスがございます。
まずJRですと、京都駅から徒歩7分で到着いたします。京都タワーを左手にみるように歩き、烏丸七条交差点を更に北へ。すぐ左手が東本願寺となります。
地下鉄ですと、地下鉄五条駅より徒歩5分となります。五条駅から南へ歩いてください。右手に見えて参ります。
市バスをご利用の場合は、烏丸七条バス停で降りてください。こちらから徒歩で1分となります。すぐ目の前です。
さてお車をご利用の場合ですが、東本願寺周辺はJR京都駅からほど近い場所ということもあり大変混雑しております。なるべくお車でのお越しは避けたほうが無難かと思いますが、それでもという場合は駅の方に停めて歩くか、もしくは近辺の有料駐車場をご利用ください。東本願寺のすぐ西にも北にもタイムズの有料駐車場があります。また桜は紅葉が見られる渉成園は東本願寺の東側にあるのですが、こちらもすぐ北と南に有料駐車場がございますので、利用されると便利です。更に、北側の国道一号線沿いにはかなりのタイムズ駐車場がございます。そちらからでも徒歩でさほどかかりませんので利用されるといいですね。

関連するレポート